プロ意識をもって

2009年は、多くの方にとって、とても厳しい一年になる、と言われています。
皆さんの現状はいかがでしょうか?

年のはじめに目標は立てましたか?

私は今年、プロ意識を強く持とうと考えております。

今までは、行政書士として開業して間もなかったこともあり、仕事がほしい、という思いも強かったため、いろいろなサービスを提供させていただきました。

その姿勢は、3期目である今年度も基本的には変わりません。

ただ、今まで金銭的な面でのサービスが行き過ぎた部分があったのではないか、そのような反省をしております。

安いのが嬉しい。

それは多くの方にとって事実でしょう。
私も同じような商品であれば、多くの場合、安い方を選ぶことが多いように感じております。

私も、昨年までは比較的安く、サービスを提供させていただきました。

しかも、自分で言うのも何なのですが、安さ以上のサービス(付加価値)もつけさせていただいたように思います。

たかが行政書士業務、と人は思うかもしれませんが、
私どもが提供させていただいているのは、プロとしての知識、経験、技術等であり、
そこにスピードや時間管理、アフターフォローなどもつきます。
重大な責任を背負って書類を作成することもしばしばです。

ですので、あまり「安売り」しないことにきめました。


ただし、相変わらず10代~20代の、若いソーシャルアントレプレナーや
ドリームワーカーには、「優しく」あろうと思っております。

もちろん、私をよく知っている方は、私の「優しさ」には気をつけたほうがいい
ということはお分かりになっていると思いますけどね(笑)

若い起業家の方々も、ご自身のお仕事に関してもっとプロ意識をお持ちになり、
しっかりと報酬をいただく、ということを強く認識していただきたい、
と個人的には思っております。

事業をやって、食べていく、というのは、本当に大変なことですから・・・


いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by ut-i | 2009-01-25 22:20
<< 次世代経営塾開催(2009年1... 成功、失敗、そして再生。~鈴木... >>