社会を変える!「絆会」

今日は、私が昨年から参加させていただいている、異業種交流会の「絆会」に参加しました。
昨年の2月に立ち上がったこの会は、ただの交流会ではないです。

発起人の後藤田氏と桝本氏の「本気の仲間を集めたい!」という思いが生んだ、奇跡的な交流会と言ってもいいでしょう。
20~30代の経営者(とりわけ飲食業界の方が多い)が集まって、本気で「この業界を変える」「日本を変える」「世界を変える」そんな夢を語り合い、お互いにサポートしあい、学びあい、ともに生きている・・・そんな会です。

今日は発足1周年記念パーティーということで、六本木の「SHANKというお店を借りて、最高の出会い、最高の語り、最高のショーを堪能しました。

私は社会起業家に興味があり、彼らのお手伝いをさせていただきたい、と考え、行政書士として歩み始めました。人が集まるいろいろな場に顔をだしてきました。でも、簡単に社会起業家、社会起業家予備軍になんか会えません。「社会起業家・・・って何?」と怪訝な顔をされることもたくさんありました。しかし、昨年の夏、状況が変わったのです。とあるセミナーでお会いした、プルデンシャル(株)の牧野氏にこの絆会を紹介していただいたのです。

初めは呆気にとられました。「なんだ、この会は・・・これが異業種交流会・・・?」しかし、私はここに何かを感じ取りました。

あっ、ここにいる人たちは立派な社会起業家たちだ、と。

まあ、「社会起業家」という枠をはめる必要はないし、本人たちにその意識もないでしょう。彼らにあるのは、純粋に、「このままの社会でいいわけがない。俺が、私が立ち上がり、少しでも状況を変えてやる」ただそれだけなのかもしれません。そして、「一人でできることには限界がある。でも仲間がいればなんとかなるさ。」そんな思いを持った人が集まり、高めあい、そして、その輪をさらに広げていく・・・。それが「」となります。

若くしてこれだけの熱い思いをもった人間が集まる絆会は、各分野・各業種で変革を試みる旗手となるべき人材の宝庫である、わたしはそう信じております。

今日も最高に楽しい時間を過ごせました!ごっちゃんはじめ多くの絆会メンバーに心からの感謝を申し上げたい。
                    ありがとう。
                                 
by ut-i | 2008-02-18 00:29
<< 今日も最年少!? 公証役場はいつもどきどき >>