公証役場はいつもどきどき

一週間ぶりに書きます。
ブログをスタートしていきなりこれじゃあ、マズイですね。

最近、急に忙しくなってきて、嬉しい悲鳴をあげております。
本当にいろいろな方に助けていただいておりますし、少しずつ成長させていただく
チャンスを私に与えてくださる、多くの方に改めて感謝!感謝!です。

今日は株式会社の設立に関して、定款を公証役場で認証していただく手続きを
してきました。

知る人は知ってますが、電子定款のオンライン申請というものです。今までは、
会社をつくるとき、(紙の)定款を作成し、それに収入印紙4万円分を貼付して、
公証役場で定款認証をしてもらっていました。
今は、「電子定款」を作成し、インターネットを使ってオンライン申請をするのが
ほとんどです。そうすれば、定款に貼る収入印紙4万円分が不要になるんです。

でも、この「電子定款」を作成し、「オンライン申請」をする、というのがなかなかの
曲者で、一般の方が、会社設立のためだけにその準備をするのは、金と時間が
あまりにもかかりすぎます。それで、行政書士や司法書士が「オンライン申請」に
対応して、「○万円安くなりますよ」ってホームページなどで営業しているのです。

さて、昨日、今日と2日続けて電子定款認証を受けてきたのですが、楽な仕事に
見えて、実は結構大変です。パソコンの前でインターネットに接続して、ちょっと操作
すればハイ完了。報酬は○万円です!って感じではないんですね。

公証役場と幾度も連絡をとりあう必要はあるし、オンライン申請をして、さあ、公証
役場へ、って公証役場に向かう途中で、「先生、まだ、公証役場の方に届いてない
んですが・・・」「これじゃあ、認証はできません・・・」という電話が来て、慌てて
事務所に戻って、再操作ということが結構あります。(私が未熟なだけなんですかね)

なので、電子定款認証手続きはいつもドキドキです。
ちなみに昨日はすごく順調でしたが、今日はなかなか公証役場からのオーケーがでず、
午後5時、役場が閉まる直前に駆け込み、ぎりぎりセーフ・・・

私は電子定款認証は半日以上かかる、結構大変な仕事だと思っております。
設立登記の日にちが迫っているときは、本当に冷や汗をかくことしきり。

株式会社をつくりたい方、電子定款認証を行政書士や司法書士に頼むときは、
設立登記の日まで、少し(せめて2日ほどは)余裕をもって頼んでくださいね。
お願いいたします。
by ut-i | 2008-02-16 00:33
<< 社会を変える!「絆会」 社会起業家・・・何者? >>