いるだけで〜9/19

いつもありがとうございます。森健輔です。

昨日のブログの続きともいえますが、アタリマエの日常への感謝はとても大変です。意識するだけでも大変です。なんてったって、アタリマエ、ですから…

自分が存在し、自分が仕事をし、時々感じるのは、果たして自分はクライアントの力になれているのか、一生懸命目の前のクライアントの力になれているのか、ということです。

本当にありがたいのは、

居てくれるだけでいい

と言ってもらえること。
ある意味、自分にとっては酷でもある言葉ですが、ある意味最高のコトバでもあるのかもしれません。

(素直に受け止められていない、のは問題ありかもしれませんが…)

そして、クライアントの力になりたい、と思うのは(さらに結果を求めるのは)、単なる自己満足に過ぎず、自分の要求が高すぎるだけなのかもしれません。

それは、自分が相手からの感謝、を要求している傲慢なだけであり、かつ、相手への要求レベルも高い、という、最低な行為かもしれません。このギャップ?に戸惑います。

昨日、今日と、普段自分が感じている感情を素直に表現してみました。
客観的に感じるでしょうが、普段からかなり客観的思考だから仕方ありません。

自分でも正直面倒臭い、と思いますが、きっと自分はそういうもんなんだと思います。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2011-09-19 00:28
<< 今年二度目の〜9/21 アタリマエに慣れて〜9/18 >>