<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お世話になりました〜12/31

本年も一年間、大変お世話になりました。世田谷区祖師谷で行政書士をしております、森健輔です。

本年は、夏にバングラデシュにて、ソーシャルビジネスの旗手であり、私も尊敬するムハマド・ユヌス氏に会うという、感激の一年でありました。

また、本年も非常に面白く、活きがよく、濃くて不思議?な起業家の方々と多数お会いできた一年でした。

一方で、私の身勝手さに起因するご迷惑やご心配を各方面の方々におかけしてしまった一年でもありました。この場をお借りして改めて心よりお詫び申し上げます。

そして、私が関わる法人様にとっても、なかなかに大変だった一年であったのではないか、と思います。志やビジョンと、ビジネスやお金のはざまで苦しむことになった起業家も多かったのではないか、と思います。
誰が悪い、というわけではなく、産みの苦しみといいましょうか、やはり事業が軌道にのるまでの大変さ、をまざまざと見せつけられたということもできます。

それにしても、全く悲観していないのは不思議なものです。今年大変だった法人、起業家も、その多くが、何かしらの光明を見つけつつある、そんな感じをこの12月に感じておりました。

来年は、それらを形にし、実際に刈り取っていく時期をつくれる、そんな一年にしていきたいものです。


今年も一年、多くの方に生かしていただきました。ありがとうございます。

それではよいお年をお迎えくださいませ。来年があなた様にとって幸多きことを心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2010-12-31 16:05

今日は12月27日

こんにちは!世田谷区祖師谷で行政書士をさせていただいてます、森健輔です。いつもありがとうございます。

今日は12月27日です。三年前のこの日(正式には前日からですが)、とても大変な1日だったのを思い出します。

株式会社情熱という会社の立ち上げのために、1日動き回った記憶があります。社長の水野元気さんは熱と咳で相当体調不良だったのですが、都内をあちこち引っ張り回してしまい、何とかこの日の設立にこぎつけることができた、そんな(珍?)伝説の日です(笑)

そんな今日は、水野元気さんの30歳の誕生日であったりもします。
元気さん、おめでとうございます!

今日はまた別の会社の立ち上げに関わって、川崎の方まで動いてますが、たぶんきっと後にも先にも、株式会社情熱の立ち上げほど自分的にインパクトのある立ち上げはないんでないかなぁ、と思うのであります。
12月27日は、「情熱の日」でございます。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2010-12-27 15:36

『心を高める、経営を伸ばす』〜12/22

久しぶりにこんにちは!世田谷の行政書士の森健輔です。毎度ありがとうございます(^-^)/

今日、たまたま読んでいた本に、最近僕が自分に問いかけていた問題の回答があったように思いました。

『心を高める、経営を伸ばす』京セラの稲盛和夫氏の本です。

僕が自分に問いかけてきた問題は、事業を行う起業家や経営者は、志なのか、お金なのか、です。

ソーシャルビジネス、社会起業(企業)、事業的NPO、コミュニティビジネス、…

いろいろありますが、私の周りには、そういう道を志す人が多い気がします。

素晴らしい志(目的)があっても、なかなかお金を生み出せないのはなぜか。

今は社会起業、といういわれ方もするが、今まで日本を支えてきた大企業、中小企業は、社会的な意義を果たすことや、社会貢献活動をしてこなかったのか。

社会起業(企業)の定義に戻る話ですが、(そして僕はその定義づけに無意味さを感じ始めているのですが、)僕が最近注目しているのは、経営者個人という『人』であり、その『志』であり、『経営(あり方)』です。僕が学び、仕事をし、生きていくのも、そういうことを経験していくため、なのかもしれません。

稲盛氏の本は好きでよく読むのですが、今日心に響いた文章をいくつか、一部転載します。

『…お金が欲しいとか、名誉が欲しいという願望は、強いエネルギーを持っている反面、必ず後ろめたさが伴います。…経営の目的は、次元が高い方が良いのです。経営の目的は、経営者の人生観とも言い換えることができるでしょう。いびつな人生観から生まれる、狂ったような情熱は、一時的には成功につながることもあるでしょうが、やがては必ず失敗に結びつきます。…』

『…私は、経営の基本を、自分の技術の試行ということから、「全従業員の物心両面の幸福の追求」と、「人類社会の進歩発展への貢献」に変えたのです…』

他にもいろいろあるのですが、稲盛氏も会社の「社会的な意義」を考慮しつつ、会社の利益をあげることを考え、従業員始め、会社の関係者の幸福を常に考えていた、という事実に、とても共感を覚え、ショックを受けるのです。

いつの時代も、利益追求と社会貢献の両立をはかろう、と努力した経営者が存在することに、ただただ感動し、共感したのでした。

そんなときに、社会起業、ソーシャルビジネスの存在意義について、改めて考えてしまう、今日この頃なのであります(笑)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2010-12-22 00:11

私が関わるNPOで〜12/9

行政書士の森健輔です。いつもお世話になります。

今日は、私も設立に関与させていただいた、NPO法人の事業報告会に参加しました。

水泳のイベントや、水泳で頑張る自分を応援してくれる人を通じて募金を募り、そのお金を使って、一張500円くらいの蚊帳を購入し、マラリアで苦しむアフリカの国々に配布する、という活動です。そもそもイギリスで始まった活動で、世界中に広がりつつあります。

今日は、先月実際にタンザニアに行って、蚊帳の配布や現地の子どもに水泳を教えてこられた、オリンピック金メダリストの方が映像も交えて講演してくださいました。
私ははじめてお会いしたのですが、とても気さくな方でいろいろと率直にお話をしてくださいました。

マラリアや遠くアフリカのお話は、なかなかピンとこないところもありますが、今夏バングラデシュに行った私としては、何となくイメージできるところもありました。

水泳は昔からあまり得意ではなく、世界水泳やオリンピックをテレビで時々眺めてるくらいでしかない私が関わっているのも不思議なご縁、とも言えます…f^_^;
(先月は千葉で行われた水泳イベントに、NPOの事務局のお手伝いで参加してきたほどです!進歩しました。笑)

その方がおっしゃってましたが、確かに黒人は水泳に関しては後進で、選手もほとんど見かけません。サッカーや陸上とは大きく状況が違います。鈴木さんは黒人に水泳を教え、広めていきたい、という想いもお持ちのようです。身体的にはいいものをもっていますし、飲み込みもはやそうです。近い将来、水泳でも黒人選手が活躍する時代もくるのでしょうか。

タンザニアでの蚊帳配布の模様は近く、日○テレビの夜の某番組で放映されるそうです。(今はまだ諸々内緒にしなきゃいけないようで、金メダリストのお名前も出せません。スミマセン。)

岩崎恭子さんや田中雅美さん、マイケル・フェルペスなども、この活動には関係しているみたいで、今後何かしらつながりができるのかもね〜なんて期待も(^ε^)♪

よし、泳ごう。僕を応援して、NPOに寄付してくれぇ、な〜んてね('-^*)/


にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2010-12-09 21:44

応援したい、と自分が思われる視点〜12/3

こんばんは。森健輔です。世田谷区で行政書士をやってます!

『ぜひとも君のことを応援したい』

と人から思われる、という視点。

今までは、自分が他人を応援したい、という視点しかなかったのですが、

上記の視点も大事かもしれません。
応援される側の視点、ですね。

なんで自分は志を表現する人、を応援したいのか、

どういうかたちで応援したいのか、

そんなことばかり最近考えてきましたが、

『あり方』として、

果たして自分は応援されるに値する人なのか、そういう生き方をしてるのか。

見過ごしてきた視点かもしれません。

ただ、他人は鏡、と思えば、

自分が応援したい、と思う目の前の人を見つめることで、見えてくるものもあるかもしれません。

まぁそれにしても、自分のことを『何が何でも応援したい』という希有な方はいないでしょうから(笑)、それはつまり、自分も本気で目の前の人を応援していない、という解釈にもなっちゃうのかな…┐(´ー`)┌

応援の仕方、も悩ましいところです。世の中には、いろんな応援や支援の方法があるので、それらを学ぶことも大事ですね。

そして、目の前の人、一人一人の状況や段階に応じて、その志を果たすための、いろいろなお手伝いができれば、それは素敵なことなのでしょう。

…にしても、起業家支援の観点では、必要とされるのは

『カネ』がほとんどで、
時々『ヒト』

ですけどね(^_^;)

分かりやすいっちゃあ、分かりやすいですが、

そこまでやるか、っていうことも見聞きしてまして、(守秘義務あるんで言えませんが…)

それはちょっと自分にはできねぇなぁ…

ってことも多いんですよね。


良心に反せず、志を果たすのは、結構大変なのかなぁ、とさえ思ってしまう、今日この頃です


にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2010-12-03 17:47