<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どうやって「食べている」んですか・・・?

若い起業家の方々からよくこんなご質問をいただきます。

「森さんは僕らみたいなお金のあまりない起業家達とお付き合いをされていて、どうやって食べているんですか?というか、大丈夫なんですか?」

まあ、大丈夫といえば大丈夫なんです。何とかなっています。だって、起業家支援だけが行政書士業務ではないですからね。

3000とも6000とも、1万ともいわれている、行政書士が職務上作成できる書類の数。

そして、先輩達の努力のおかげで、行政書士の代表的な業務というものがいくつもあります。

その中でも、代表的なものが、「許認可」。

建設業許可、宅建業の免許、派遣業の許可・届出、・・・。

私も、こういう許認可のお仕事をいくつも抱えております。今日は宅建業の免許申請を終えました。他にも、建設業の許可が数件、派遣業の許認可なども抱えております。

もちろん、NPOの設立やら、国金からの融資申請のお手伝い、役員変更の議事録作成やら、会社設立に関する議事録などの作成など起業家に直接・間接に関わるお仕事も抱えております。

さらに、成年(任意)後見制度や、遺産分割協議書作成・遺言執行者などのお仕事もありますので、まあ、何とか食べてはいけるだけのお仕事はやらせていただいているのだなあ、と感じております。

ただ、これらは、本当にいろいろな方に助けていただいているからこそ、です。社労士・税理士・年配の行政書士を中心に、各種交流会や勉強会で懇意にさせていただいている経営者の方々に「食べさせていただいている」というのが正直なところです。

自分ひとりでは、本当にここまではできませんでした。支えていただいている方々にご恩返しをさせていただこうと思っておりますが、なかなか不十分で、申し訳なくも思っております。

その分を、若い起業家の方々のお力になることで、間接的なご恩返し、ということにさせていただいております。ですので、若い起業家の方々、ご安心ください。
安心して、ご自身の事業に邁進され、おおいに稼いでいただいて、出世払いをお待ち申し上げます(笑)。


いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-11-05 23:39

美earth という会社

昨日に続いて、今度は 美earth についてです。

ひょんなことから、私はこの 株式会社 美earth の設立メンバーとして関わることになりました。まだ、法人登記はしていないので、厳密には設立はまだしていません。


美アースは何をする会社になる予定か。

実はまだ、事業計画はありません!

実は、4日前まで、株式会社か、NPOか、一般社団・財団法人か、すら決まっていませんでした。4日前に株式会社にすることを設立メンバーで決めました。

私は、4日前のミーティングに、各種法人化の選択肢のメリット・デメリットを説明に伺う、ということで、参加したのですが、説明するまでもなく、会社にすることに自然な流れで決定し、その場で正式に発起メンバーの一人にさせていただけることになりました。


さて、美アースは何をする会社になっていくんでしょう?

私もまだ、分かってませんし、他のメンバーもまだ分かっていません。分かっているのは、この法人が、

もっといい社会、住みやすい社会、地球環境に優しい社会、ヒトが地球と共生していける社会、ヒトがヒトに優しい社会・・・

といった、「志」や「想い」をもって、活動している各種法人・団体・人々を、統括していけるように導いていく会社 を目指している、ということです。

多くの人が気づいています。

いまのままではマズイ」ということに・・・。
何とかしないと、我々が早かれ遅かれ滅びる」ということに・・・。
一人ひとりは微力でも、各人ができることをしていかないといけない、そういう時期にさしかかっている」ということに・・・。

でも、環境問題、心の問題、人間関係、各種社会問題、いろいろな人がいろいろな立場で、いろいろと活動をされてますよね。

そんな団体や法人、人々が、バラバラに活動するのはもったいない。
だって、みな、たぶん、目指す方向性は一緒のはず。

だったら、よりはっきりと、より具体的に、より身近になるために、より協力しあえるように、美earthという法人が、導きましょう。と、そんな大それた(?)ことに挑戦しようとする、かなり壮大なスケールの法人になる予定です。あくまで予定です。

でも、そんな志をもった会社があってもいいんじゃないか、と思いますよ。


私も、社会起業家や若い起業家と日々接していて感じるのは、たぶん、考えているのは、みんな似通っている、という事実。

想いはかなり似通っているのに、ビジネスに忙しかったり、自分達の殻に閉じこもってしまったり、自分達のことで精一杯だったり・・・。それはそれでも仕方ないです。
だったら、この 美アース のような会社がより大きな視野で物事を捉えて、事業を行っていったら、面白いと思うのです。

私は行政書士ではありますが、一個人として、一会社の設立メンバーとして、この会社に関われることは、非常に意味があることのように考えております。

単なる「社会起業家支援行政書士」を超えた、より多くの起業家や多くの方の力になれる人間になるための、重要なステップにしていきたいです。

今、美アースのコアメンバーは8人ほど。内、半分は20代。気持ちは一緒で勢いのある若者パワーと、代表2名の人生経験・社会経験を融合させて、よりインパクトを与えるような事業をがんがん行っていきたいものです。

今、一生懸命事業計画を練っております。設立は来年早々の予定。楽しみ楽しみ。


いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-11-04 01:53

「お父さん」の世代も社会起業家に

今日、ある方とお会いしました。

今年の2月に「チャレコミ2008」に参加された方(Aさん)です。某百貨店にお勤めで、来年退職をされる予定とのこと。
行政書士の資格をお持ちで、しかも、社会起業(家)支援にご興味がある、という方です。

チャレコミに参加されて、支援家たちの名簿(?)に私の名前・資格・コメントが載っているのをご覧になって、ネットで検索されたら、このブログがあった、ということでした。

私も「社会起業家支援の行政書士」の端くれとして、持っている情報と今日までの活動、今後の展望などをお話させていただきました。

Aさんとのお話は、「社会起業家」を中心にして、これからのあるべき社会像とか、政治、経済、歴史、新しい価値観の提供、行政書士としての活動・支援のあり方など多岐にわたり、非常に興味深かったです。

私は何度もブログに書いているとおり、非常に若い、20代を中心にした起業家(社会起業家・ドリームワーカー)の支援が主です。

確かに現状では、社会起業家に理解のある方、世代は、20代~30代前半が中心だと思われます。

でも、30代以上で、ビジネスをバリバリとやりながら、「今の社会はやっぱりおかしい」とか、「オレが日本を熱くしてやる!」とか言っておられる経営者をたくさん知っておりますし、60代以上で、「地域の(活性化の)ために」とか「次の世代・子どもたちのために」という想いで、活動をされておられる方も多くいらっしゃいます。そういう方々も立派な社会起業家だと思います。

Aさんも学生運動などを経験されて、「今、もう一度社会を!!」という想いで、きっと来年頃から行政書士としてご活躍をされるのだと思います。

ぜひ、50代、60代の元気な先輩方を応援していただきたいですし、私も若い起業家達の応援家として、上の世代ともどんどん繋がっていきたい、繋げていきたい、と考えておりますので、今日、Aさんとお会いしたのも、決して無駄なことではない、と確信しております。

気になっているのは、現状ではまだまだ認知度の低い社会起業家・社会起業家支援。
そして、結構皆さん、バラバラに、それぞれの想いで活動をされておられる、というのが実際のところなのかなあ、と感じている、今日この頃。

そんな中、私もある会社の立ち上げメンバーとしてお手伝いをさせていただくことになりました。

その名も 「美earth」 。

美earth については、明日以降、またブログに書く予定です。


本日はここまで。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-11-02 21:54

卓球も

昨日、31日の金曜日は、月1回の「卓球」の日。

毎週金曜日の夜にコートを一般に貸し出している、駒場体育館で卓球を行いました。


3ヶ月くらい前から「月1回」。

この仕事を始めて、あまり運動をすることもなくなってしまったのですが、ひょんなことからはじめた卓球。


でも、この卓球がなぜか最近、私の周りで非常に 熱い!

仲良くさせていただいている、経営者ばっかり集まる卓球なんです。

社労士さん、不動産会社の方、保険の方、弁護士、税理士、司法書士・・・などなど計10名くらいの規模になりました。

社労士の久松さん、不動産を扱っておられる万沢さんがプロ級の腕前。

私は、小学校のときに、地区の卓球大会に出場するために、1ヶ月くらい練習をし、また、高校生のときに体育の時間に、3ヶ月くらいやったのが、全て。温泉卓球レベルの私ですので、たぶん、メンバーの中で一番へタ。

昨日も女性弁護士と一戦やらせていただきましたが、ほとんど歯が立たず、みなさんの足を引っぱっているカンジ。

久松さんや万沢さんに特訓をしていただいても、どうもダメ。


月1回の練習じゃあ、なかなか・・・。

そして、月1回の運動じゃあ、健康のためには・・・。


まあ、そんなこんなで1年後には、あっと言わせられるように頑張りたいです。
近く、久松さんと「マイラケット」と「マイシューズ」も購入しに行く予定ですし。

仕事も卓球も、人間的にも、成長の過程を楽しんでいる、今日この頃です。

いつもありがとうございます。
[PR]
by ut-i | 2008-11-01 21:23