<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

次世代経営塾

昨日は月1回の次世代経営塾
株式会社日本財託の会議室を利用させていただいて、セミナーをやらせていただき、
その後、近くの「月の雫」にて懇親会を行いました。

今回が第4回目。参加者は経営者を中心に22名。懇親会にも19名が参加。

講師は、
次世代経営塾発起人の税理士 藤谷亮氏 

最近ご自身の会社がグリーンシートに上場を果たされた株式会社パブリックトラスト取締役 大野栄一氏でした。

今回、藤谷先生は、税理士の講演会には珍しい、双方向システムでの講演でした。ご自身で用意されたレジュメを中心にして講義を進めながら、参加者からの普段の税務に関する質問に答える、という形式です。
さすがは、実務経験が豊富な藤谷先生。多岐にわたった質問に的確に答えておられました。
フットワークが軽いだけでなく、知識・経験も豊富。頼りになる税理士です。

続いて、パブリックトラストの大野さん。大野さんは前回に引き続いての講演でした。
いろいろな笑いを挟みながら、グリーンシート市場のうまみ、面白さ、有利さなどをお話いただきました。

ところで御社の企業価値はおいくら?

これに即答できる経営者は何名いらっしゃるのでしょうか?
これに即答できるためには、「よい事業計画書」が必要になります。

この「よい事業計画書」ができれば、思った以上に「上場」は簡単にできる。
しかも、他のベンチャーキャピタルのように高額な資金は不要。

これが、「グリーンシート」への上場支援を行っておられる、パブリックトラストの強みです。

そして、「グリーンシート」にのれば、その上の段階の、例えば「ジャスダック」「ヘラクレス」等へのステップアップ、さらには「東証一部・東証二部」へのステップアップが、かなり自社主導で進められる(=主幹事証券会社の言いなりにならずにできる)、とのこと。

今まで「上場」の意味もよく分かっていなかったし、社会起業家支援行政書士の私には、全然関係のない世界だと思っておりましたが、大野さんとのご縁により、社会起業家の会社が「上場」ということも、将来の選択肢として、十分ありえる、ことが実感できました。

パブリックトラストは、役員2名、従業員2名の会社です。今期の売り上げも7000万円。こういう会社でも、上場できるんです!知りませんでした。

大野さんにお聞きしたところによれば、本当に数千万の売り上げでも、グリーンシートに上場が可能らしいです。(ただし、債務超過ではだめ。)

社会起業家の株式公開

これまた、なかなかセンセーショナルですね。
私が応援している若くて志のある起業家たちは、ほとんど会社組織ですから、この中から「上場」する起業家が出てきたら、楽しいですね。

皆でなくてもいいです。それが「できる」起業家は、会社も大きくして、「より社会にインパクトのある事業」を行っていただきたいですからね。そういう「志」もありだと思います。

私とご縁があれば、私の大の仲良しのパブリックトラストの大野取締役を気軽にご紹介できますよ。

私は会社などの設立をお手伝いしてそれでおしまい、という考えはありません。末永くお付き合いをし、末永くお手伝いがしたい。次世代経営塾にもお誘いしますし、他にも有形無形のお手伝いをさせていただきたいです。また、大野さんと何とか絡んで、上場支援までお手伝いのできる行政書士になりたいですし、さらに、上場後もお節介な行政書士でありたいものです。

多くのステキな方々とのご縁に感謝。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-10-30 13:37

与える者が与えられる

最近は、毎週水曜日だけ朝が早い。朝が早い、と言っても6時ちょっと前に起きるので、人によっては特別に早いわけでもないでしょうが。

BNIという交流会に参加しています。朝食を食べながらの交流会で、1業種1人だけが参加できて、ビジネスに特化しているのが特長です。朝7時から、新宿のビジネスホテルで行われています。

この交流会に参加する上で必要なのは、「まず与える」という姿勢です。

与える者が与えられる


BNIは、メンバーから仕事を与えてもらえることを期待するだけではダメです。


私は8月から新宿の「凛チャプター」のメンバーとして参加しております。

このブログにも何度も何度も書いておりますが、大事なことは、まず「人に与える」こと。そのために必要なのは、「自分が何をできるか、何を与えることができるか、を考える」こと。

行政書士の仕事柄、スポット的な仕事が多く、なかなかクライアントと長期の関係性を築いていくのは難しい、とも言えます。記帳代行や顧問契約を結んでいる行政書士なら話は別かもしれませんが、一般的な行政書士としては、「メンバーのために仕事(ビジネス)を与える」のは、結構大変です。

私も昨年8月にはじめてBNIを紹介されたとき、「自分の業態からすると、この交流会は自分にはあっていない。」そう考え、メンバー登録はしませんでした。

でも、昨年から今年にかけて、いろいろな方にお会いし、いろいろな講演会などに参加して、成功者たちのお話を聴いていると、どうも「人に与える」ことが重要らしい、ということがわかってきました。

そこで、今年からは意識チェンジ。

スポット的な業態の行政書士が、どうやって、人間関係を築き、その関係を継続させ、そして、自分とクライアントの関係で終わらせず、他の方も巻き込んでいき、多くの方に「与えられるか」。

でも実は、この点を自分でものすごく考えて、行動に移していったわけではないんです。

もしかしたら運がよかっただけなのかもしれません。

なぜなら、社会起業家支援をやっていこう、と考え、いろいろな場所に顔を出していって気づいたのは、「自分と同じくらいか、自分より年下の世代ほど、社会起業家に興味があり、そのニーズもある」ということ。

年下の世代、特に学生さんなんかが、真摯に「社会起業家になりたい」とか「社会を変えたい」っていうことを考えている姿に多く出会っていくうちに、自然と、

彼らのために何かしてあげたい!!

っていう気持ちになり、報酬度外視で自分が与えれれるものはどんどん与えていこう、となったんです。(親分肌か、単なるお節介か。)

そうやって何人もの若い起業家に接していくうちにその思想を身につけることができたのだと思います。結果として、BNIにまたご縁があって参加することができるようになったり、昨年からご縁のある方々から、「昨年と今年で森さんの雰囲気が何か違うね?」「成長したね。」なんでことを言っていただけるようになったり、「変態行政書士の森さん」と呼ばれるようになったり(笑)、ということになりました。

若い起業家たちにも、

「与える者は与えれれる」

というBNIの思想が、少しずつわかってもらえたら嬉しいです。

私とご縁のある起業家の方々には、私が身をもって証明していきたいなあ、と思います。
一人でも多くの方が気づいてくれたら嬉しいです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-10-22 17:00

「サンタスクール」熱いっス!

私、本日、 サンタスクール に入校しました。

といっても、サンタスクールっていったい何? でしょうけど、先週5日に立ち上がった、任意のスクールです。

サンタスクールとは、

夢・笑顔をたくさんの人にプレゼントする大人を育てる学校 です。

これでもピンときませんか?
たぶん、今のせちがらい世の中で、本気で周りの人を幸せにすることを考えることのできる大人を育成する、そういう学校です。別に宗教ではないです。

先月のブログに書きました、「ドリームワークフェスティバル」で触れた、「ドリームワーカー」のことを指すと思います。
自分が生き生きと幸せに、心のそこから楽しい!!と思えることを仕事にしている人、それがドリームワーカーで、しかも、ドリームワーカーは自分の幸せを第一には考えません。自分以外の人を本気で幸せにすることを考えて、それを仕事にします。

サンタスクールもその一翼を担っている学校、と考えていただければいいのではないでしょうか?

主催者というか、講師も23歳(もうじき24歳)の孝平君、という若い青年ですから。


さて、今日は、最高の人間関係を築くには、ということをテーマに、講演とワークを行いました。

率直に言えば、非常に「気持ちがいい」。

感謝(ありがとう)と感動と気づきなど、あったかいもので包まれているような、そんな時間を共有できました。

私も含めて、「褒め慣れている人」って少ないですよね。普段から「ありがとう」って言ってますか?自分以外の方を「心のそこから信頼したり、あなたは絶対に幸せになる、って信じてあげる」ことをしていますか?

そういうことを、ワークを通して学べます。訓練します。

なので、3時間超という長い時間の中で、何度「ありがとう」という言葉を発し、周りの人を褒めて、相手も自分も気持ちよくなったことか。普段、何気ないこと、あたりまえと思っていることが、どんなに幸せなことなのか。そして、どれだけ自分勝手に生きていることか・・・。多くの気づきと傲慢な自分の反省を得られます。

行政書士になって1年6ヶ月くらいになって、昨年は分からなかったけど、今年になって分かった重要なことが一つあります。

自分からプレゼントをすること、です。

プレゼントの内容や中身は何でもいいと思います。
とりあえず自分があげることのできるものを、出し惜しみせず周りの人の与えること(プレゼントすること)。
これが、予想以上に多くのものを「周りから与えていただける」コツ、のようです。

サンタスクールもコンセプトは一緒。
自分から与えることのできるものを与えましょう。

それはモノでなくてもいいんです。(もしくはモノでない方がいいんです。)

愛情。言葉。信頼の態度。笑顔。経験。知識。知恵・・・。

愛情です。優しさです。自分以外の方にどんどんあげましょう。減るものではないです。

気づきましょう。気づいたら動きましょう。
自分だけの幸せや、自社だけの幸せを考えることを少しずつやめていきましょう。
欲望を少しずつセーブしましょう。欲望をちょっと我慢できたら、ご褒美に、苦しんでいる人、悩んでいる人、大変な思いをしている人、悲しい思いをしている人、明日をも知れぬ命・生活を強いられている人などに、ちょっとだけ「与え」ましょう。

「自分へのご褒美」として人にあげましょう。もしくは地球にあげましょう。

それで、感謝の言葉や態度をもしいただくことができたら、すごく気持ちいいですよ。
感謝の気持ちや態度をもらえなかったとしても、それは自己満足でおわるかもしれませんが、それはそれで気持ちいいですよ。

気づいた人が動く。

それが、「社会起業家」の生き方にもつながるでしょう。「ドリームワーカー」の生き方にもつながるでしょう。家族との関係や友人との関係も(いいほうに)変わってくるでしょう。

もう一度言います。まずは「気づきましょう。自分だけの幸せを考えることをやめていこう。」
次にその生き方に気づいた人は「それを行動に移したり、態度にあらわしていこう。」
マネーゲームに興じることだけが、生きがいではないはず。
株価が下がっても一喜一憂せず、世界恐慌が現実になっても動じない。
そんな日本人が増えていったら、そう遠くない将来、日本が真に世界から尊敬される国になるんじゃないでしょうか?
社会起業家が目指す社会、ドリームワーカーが生きている世界、日本が本当に目指す道。
たぶん方向性は一緒だと思います。
気づいている人は気づいて、変えようとしています。
我々もその一翼を担いましょう。

そのための一つの気づきの場が「サンタスクール」と言えると思います。

サンタスクールに興味を持った方は、mixiで探してみてください。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-10-13 00:36

「函館のブンブン」を覚えておいてね

今日は、来年1月に函館でまちおこし事業を行おうとしている若者、國分さん(通称ブンブンさん)と新宿でお会いしました。

彼とは、夏に初めてお会いしました。当時、「ユメノタネ」というセミナーを主催されておられました。Murabito株式会社の清水社長にご紹介されたのですが、そのセミナーは学生や社会人に夢を持って生きていってほしい、そのためのきっかけ作りをする、「やりたいこと発見セミナー」です。

しばらくぶりにお会いしましたが、会社を先月末で辞められて、今は自称ニートとか 笑。

でも、やりたいことははっきりしているので、ニートでもなんでもないです。志のある、立派な社会起業家(予備軍)です。

函館の街が、ブンブンさんを呼んでいるんだろうなあ。今日お話を伺ってみて感じました。
いろいろなお膳立てがもうすでにできているようです。詳しくは割愛します。

ただ、やりたいこと(コミュニティ・カフェ事業)をどの組織形態で行うか。そのご相談にのらせていただきました。

最近は、起業の選択肢も増え、しかも、それぞれの垣根がかなり低くなっているので、私の立場でも、なかなかこれがいい、と断言することが難しくなってきました。
ブンブンさんの「想い」からすると、がつがつと金儲けがしたいわけではなく、純粋な「まちおこし」。
ならば、非営利法人(NPOや一般社団法人)でもいいのですが、かといって、「食えない」では困る。むしろ、ちゃんと食っていけるようなビジネスモデルを作っていく予定とのこと。

さて、非営利法人でもいいのですが、函館の財政状況などを考えると、補助金や助成金には頼れそうにない。であれば融資なんかも考えたい。
ただ、融資となると、非営利法人では難しいのが現状。では会社か。
会社だと、利点はいろいろあるけど、対外的には「営利」主義ととらえられる・・・。

非常に悩ましい問題です。大いに悩むべき問題とも言えます。しかも、短期的にではなく、長期的な視野で、自分のビジネスを考えた上での決断が必要になります。

面白かったのは、私が提案した、一般社団法人と株式会社のコラボ、というお話に非常に興味を持ってくださったことです。

私のホームページでも少し触れているのですが、非営利法人とその関連会社を設立する、という選択肢は、もしかしたら今後、もっと増えてくるかもしれません。社会起業家にとっても、ひとつの大きな選択肢となるのではないか、とずっと考えておりました。

非営利法人と営利法人の垣根が低くなってきたのは事実なのですが、やはり、一長一短があります。それなら、それを逆手にとって、うまく組み合わせて事業展開を考えていく。非営利事業と営利(収益)事業をうまく分配し、営利事業で儲かった関連会社から非営利法人に寄附などの形でバックしていく・・・。いろいろな組み合わせが考えられますが、それらをいいとこ取りで利用するのも賢い選択、と言えるのではないでしょうか。
(大変になるだけかもしれませんが・・・笑)

ブンブンさんは、函館でいい出会いがたくさんあるようで、いい仲間にも恵まれているようです。「想い」をいろいろな人に語り続けた価値があったようです。これも非常に重要なことです。お話をしながら、3~5年後、活躍ぶりがマスコミに取り上げられて、「チョーイケてるブンブンさん」となっているイメージが湧いてきました。

多少、飲みすぎに気をつけて(「肝臓が・・・」っておっしゃっていたので。)いただきながら、彼の挑戦を応援していきたいと思いました。ブンブンさんのためなら今後は函館にだって、私は飛んで行きます。(もちろん、美味しいものを食べに、ですけど 笑。)

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-10-04 00:24