<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

銀座の画廊にて「第2回次世代経営塾」を開催しました

26日(火)は、第2回次世代経営塾のセミナーを銀座柳画廊のセミナールームにて、行いました。

今回は、前半に税理士の藤谷先生が「親からの相続」に関する注意点をお話してくださり、後半は、銀座柳画廊の副社長、野呂様から、「日本文化を世界に発信」というテーマで、お話をしてくださいました。

なかなか画廊に足を運ぶことは多くありません。ましてや、銀座の一等地にある画廊ですので、残念ながら資産家ではない、私としては、正直恐れ多いくらいです。

銀座柳画廊の野呂副社長には、日頃から次世代経営塾に関するご理解を賜り、このような形で(数十万~数百万円する絵画に囲まれながらのセミナーでした・・・。)、場所を貸してくださり、また、セミナー講師も引き受けてくださり、本当に感謝感謝です。

野呂さんのセミナーもすばらしいものでした。

以前はIBMでエンジニアをされておられたのに、柳画廊の社長とのご結婚をきっかけに、芸術の分野へ足を踏み入れることになり、しかも、ビジネスにしにくい分野で経営者として(ご苦労さればがらも、)成功されておられます。

若い芸術家を何人か抱えながらの経営も決して楽ではないでしょう。

バブルがはじけて、美術館も企業も個人もなかなか絵を買おうとはしない現実。

経営の面はもちろん重要なのですが、野呂さんの本当の想いは、なかなか「芸術」「文化」が育ちにくい日本の風土、もしくは、日本人の考え方に憤りを感じておられるのかもしれません。
それは、「日本の教育」への苛立ちに行き着くのだと思います。

日本人が自分の国のことや、自分の国の文化について、海外で話すこと、情報を発信することができないことへの苛立ち。
(それをうまくやっているのが、有名な芸術家、村上隆 氏であると言えます。)
真の国際人がまだまだ育っていない、そう言い換えられるかもしれません(私も国際人からは程遠いです・・・。)

例えば、浮世絵のように、日本の文化が、海外の人からの評価をきっかけに、逆輸入される形で再認識される、という我が国の芸術分野の状況・・・。
それだけ日本の文化・芸術の分野は欧米に比べて「幼い」ということなんでしょうかね?
まあ、私のように、まだまだ芸術について語れない若者が多数いる現実からすると、まだまだ後進国なのかもしれません。

金融の分野も欧米に後れている現実からすると、我が国って一体なんなんでしょう?
我が国のいいところ、特長ってなんなんでしょうね・・・?
ちょっと考えてしまいます。

第2回次世代には、野呂さんのご友人で、目黒区区議会議員の 鴨志田リエ 様もお越しくださり、5分ほどでしたが、身近な政治 についてお話をしていただきました。

なんだかよくわからないうちに、次世代経営塾はスゴイ方向に進んでいるように感じております。発起人の立場としては、「オレ、もうちょっとがんばろっ!」って感じです・・・。

ちなみに今日の夕方7時から中目黒GTプラザホールにて、野呂さんと鴨志田さんの対談会があります。こちらにも参加してくる予定です。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-08-28 12:55

あったかい気持ちでお手伝い

23日(土曜日)は、NPOまごころ主催の交流会~想いを形に~に参加してきました。

学生や若い起業家、起業家予備軍が150人前後、集まっていたようです。

顔馴染みの起業家・事業家たちが多く集まる中、私も「応援者」の一人として紹介されて、なんか、恥ずかしいやら申し訳ないやら・・・。まだまだ私も努力をが足りないものですから、私よりステキな起業家たちや応援者たちにはかなわないなあ、というのが実感です。

それにしても、本当に面白い人たちが集まってました。私のテーブルに座っていた5人も多彩な方々ばかり。そして、何かわからないけど、いろいろとつながっている・・・。
「森さんにお会いしたかったんです」なんて、いってくださる方もいらっしゃって、本当にありがたい限り。

でも、私なんか、本当にまだまだです・・・。

アッキーふと君Kennyさんゴルゴさん(まだお名刺交換はさせていただいてないですけど、いろいろとお話には伺っております。先日も遠くからお顔だけ拝見しました。)をはじめ、多くの志のある、「気持ちいい」人ばっかり集まってましたからね。

アッキーの講演もよかったですね。
本当に「自然体」。「もうちょっと緊張せい!」なんて勝手に思っちゃったりして。

アッキーは本当にすんごい人です。
今年の3月頃にはじめてお会いしてからのお付き合いですが、彼のカリスマ性はなんなんでしょう?本当に魅力的でカッコいい男です。

ふと君やKennyさんとも最近ご縁ができて、(彼らを紹介してくれたのもアッキーですけど)、本当に気持ちのいい起業家なわけで。おかげで私も思わず普段(行政書士の仮面で)隠している変人ぶりを発揮したくなってしまう(引き出されてしまう・・・?)。本当にすばらしい!

昨日の24日(日)に行われた絆会で、笑顔セミナーを開催してくれた明日香先生。彼女もふと君つながりでもあり、今起業をお手伝いさせていただいている、株式会社Bright Stage の荻原社長つながり(明日香先生に負けないくらい笑顔のステキな荻原さんをご紹介してくれたのもふと君なんです。)でもある、ということが分かりましたし。世間は意外に狭い。

まあ、何が言いたいかというと、今の20歳くらい~25歳くらいの人たちも、すごくいい!ということです。すごくハートがある!自分の本当にやりたいことを仕事にしている!そして、その価値観を多くの人たちに提供し、共感を抱かせ、さらに「救っている」。語弊があるかもしれないが、「救っている」。かなりの人たちが「救われている」。

これが、熱い20代から発信して、30代につながり、さらに上の世代につながっていったらいいなあ、と思うし、10代にも通じてくれたらいいなあ、って本当に思います。絆会とはまたちょっと違う。でも、根幹は一緒。決して肩肘張らずにみんな、自分のできることから始めていますね。そしてみんな「仲間」がいる。

ボクも自分のできることからみんなの力に少しでもなれたらいいなあ、そんなあったかい気持ちになれました。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-08-26 00:58

こんなこともあるんだ・・・

最近、再び(三度?)ブログをサボリ気味の森です。

2~3日まえにホームページを見て、お問い合わせをくださった起業家と今日、お会いしました。

・年齢が一緒
・同じ世田谷に住んでいる
・長く付き合っていけたらいいと思った

以上のような理由でお問い合わせをいただいたようでした。

今日会ってお話をしてみると、先に別の行政書士に設立のお手伝いをお願いしていたが、ちょっとレスポンスが遅かったから、こっちに乗り換えてきた、といのこと。
最近、急ぎ案件が多い私としては、「早さ」も重要視しておりますので、ちょうどいいのかな、と思い、受注させていただくことになりそうです。

さてさて、よくよくお話を伺ってみると、昭和55年(申年)の6月生まれで28歳。ここまではホームページ上でも公開してましたかね。血液型はO型。これはどこかで公開していたかな?ここまで一緒、ということが判明。

ここまでくると気になるのが誕生日の詳細。

まあ、多分もう予想はつくと思いますが、これも一緒の12日
こんなご縁があるんですね・・・。驚きというか、ちょっと怖いくらい。

しかも、出身は、先方が青森。私は福島っ子なので、同じ東北出身。

あとは、お酒好き

まだまだそんなに業歴が長くはないですけど、もうこんな起業家とお会いできるのは面白いものです。というか、どんなに長くやっていても、そんなお客さんとお会いすることって、かなり少ないかもしれませんね。後にも先にも今回のお客様だけかも。

いろんな方(社長)とお会いでき、いろいろと(社会)勉強させていただける、本当に面白い商売だなあ、と改めて思いました。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-08-18 23:55

凄い人が集まるから凄会

昨日、2008年8月8日夜8時に発起した、「凄会(すごかい)」。

会長は、19歳学生起業家の(株)ギブアンドインプレッション社長高井氏
高井さんとは昨年からのお付き合いです。

また、顧問として、プルデンシャル生命の牧野氏がいらっしゃいます。

今回、凄会への入会を許され、牧野さんにお世話になるのは、「次世代経営塾」「絆会」「新宿BNI」に続き、4つ目です。
本当にパワフルな方ですし、とても助けていただいております。また、いろいろと引っぱっていってくださいます。ありがたい方です。

さて、凄会発起パーティーは隠れ家的レストランの「copon norp」にて開催されました。
かのホリエモンも全盛期に使っていたとかいないとか・・・。

メンバーは10人。別の交流会でお会いしたことのある、顔なじみの社長さんも多かったですが、人間的にもすばらしい、尊敬できる方々ばかりです。恐れ多くもありましたが、参加を許されたのだから、わたしも一生懸命頑張ろう、と思った次第。
一級建築士、翻訳会社社長、不動産会社社長、フリーカメラマン、社労士・・・。志のある社長ばかりですから、多分、この会も楽しいものになるだろう、と思ってます。

凄会は、「できる経営者は、仕事だけでなく、遊びも家庭も大事にする、時間を必ず作れるもの。こだわりの趣味や遊びをもっているもの。それらを皆で共有し、皆で成功しつつ、より豊かな生き方を目指そう!」というコンセプトで発起しました。

非常に共感できます。

私はいち行政書士にすぎませんが、牧野さんいわく、
去年と違って、凄い勢いで成長している

というありがたいお言葉をいただいたので、その伸びシロ部分が認められての入会だと私なりに考えました。私も最近はかなり「イイカンジ」だと自負しておりますので、「より豊かな生き方」を目指して頑張っていくのに、いい機会だと思っております。

社会起業家も社会起業家を目指す人も、自分の仕事が第一なのは、当然ですが、それだけでは必ず行き詰るので、人間の幅を広げていく努力、も必要だと思います。

その点、私の知っている若い(社会)起業家たちは、とても柔軟です。その調子で頑張ってほしいものです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-08-09 22:17

社会起業家もしっかりと「広報」を!!

30日(水)に早稲田大学で行われた、「第1回社会起業支援サミット2008」に参加してきました。

学生(17~19歳!!)が中心になって、社会起業家10団体、市民300人を全国から呼び寄せた、とのこと。しかも、ほとんどメルマガ、Mixi、ブログ、口コミなどでの告知で、これだけの人々を集めた、とのこと。すごく立派な「事業」だと思います。

残念ながら、日本ではまだまだ認知度の低い「社会起業家」ですし(最近の調査で日本人の「社会起業家」の認知度はまだ16%あまり、だそうです。)、まだまだ支援者も足りない「社会起業」の分野ですが、今回は、市民の側から「社会起業家」を盛り上げよう、とのコンセプトで開催したそうです。

サンデー毎日」や「産経新聞」でも取り上げられ、少しずつですが、「一部の感受性の鋭い方々が内々に(決してそんなことはないとは思いますが。)おやりになっていた、社会起業・社会起業家支援」というものが、「誰もが知っている社会起業・社会起業支援」、という現実に近づいている、そんなふうに感じられました。

私は、午前中の「今一生」さんの講義、「取材される技術 ~マスコミ0円広報術とリスクヘッジ」をまずは拝聴させていただき、社会起業コンサルタントを名乗る支援者として、これから社会起業家を目指す方々、社会起業家として努力されている方々にアドバイスできるようなお話をたくさん学んできました。

フリーライターである今氏は、当然「社会起業家」を念頭に置かれて講義をされておられましたし、その講義を拝聴した方々も、ほとんど社会起業家か、社会起業に興味のある方だったことでしょう。もったいないなあ、と思うのは、今氏がお話されておられたことは、実は普通の企業にとっても非常に役立つ自社・自団体の「広報」についての講義であった、ということです。要は、「社会起業」という言葉を知らないことで、多くの企業や市民、NPOなどが、かなりの「損」をしているのではないか、と私には思えた、ということです。

もちろん、「社会起業」の言葉を知っていても、皆がその講義を聞けるわけではありませんけど、「社会起業」を知らない人にとっては、そういうチャンスすらないわけです。

まあ、大企業であれば、「お金」をだせば、それなりの広告・宣伝ができますので、もしかしたら今氏のお話は不要であったかもしれません。ただ、今氏は「広告」と「広報」の違い、からお話をしてくださいましたから、多くの中小企業にとっても非常にためになるお話であったわけです。

逆に言えば、そういう話を伺った私の、コンサルタント(支援者)としての価値が、また少し上がった、という言い方もできるのかも知れませんが(笑)。まあ、「いいお話を聞いた」で終わってしまって、実践が伴わなければ、何の価値も生まないでしょうが。
自分で自分の価値を上げていく(成長していく)ためには、本当に一つ一つの「経験」と、それに対する「想い」と、次の「一歩」が大事だと、改めて思いました。

う~む、話が飛びすぎたかも。しかもまとまっていない・・・。まあいいや。どうもありがとうございました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-08-02 01:10