成功、失敗、そして再生。~鈴木正大社長~

ブログで何度か取り上げている、次世代経営塾。

今年の7月に自分が発起人として設立した、勉強会兼飲み会です。

毎月1回行っていて、毎回メンバーが持ち回りで講師になり、いろんなお話をしてくださってます。

今月は、19日に、リフォーム会社の社長で、民事再生法適用第1号案件と言われる、「株式会社正健プランニング」社長の鈴木正大さんにご講演をいただきました。

20代前半で会社を立ち上げ、「今だけ、金だけ、俺だけ」でガンガン稼いでいたが、やがて経営が行き詰まり、自殺を考えるまでに・・・。でも、自分が死んで得た保険金では借金を返済するのに足りない、という現実。

誰にも相談できなかった経営状況を、当時一緒に住んでいた彼女に泣きながら本気で問い詰められ、本音で初めて他人に話したある夏の日の夜。そして、翌日には死ぬことをやめ、「再生」に向けて歩き始める。

しかし、それは壮絶な地獄のような日々の始まりでもあった、と。

そして、民事再生法の適用で、法律上の義務を完全に果たし、今では「未来の(子どもたち)ための仕事」「金だけでなく、それ以外の大事なもののために生きる日々」「周りの人の夢を応援することの重要性を説く」という意識の変革に成功しておられます。


「中小企業の経営者の応援」

「この世から自殺をなくすための活動」



こういう壮絶な体験をされた経営者だからこそ語れる真実と想い。

そうしてソーシャルな活動にも参加するようになっていける、大事な気づき。

生きていくことも、事業を行っていく(経営)こと、も本当に大変なんだなあ、と改めて思います。


次世代メンバーで面白いのは、

はじめから社会起業を志している経営者も

バリバリで稼いでまずは経営者としてそれなりの成功をし、その後、いろいろな紆余曲折を経て、ソーシャルな方向にも気づいて、活動を始める経営者も

多分、これからソーシャルな部分に気づいてくれるであろうが、とりあえず稼ぐことに精一杯な経営者も

それぞれがそれぞれの立場で活動し、集まってきていて、相互に切磋琢磨している、という点です。メンバーはもうすでに70名を超え、業種も50を超えました。

正直、発起当時は、こうなるとは全然思っていませんでした。

どちらかというと、ビジネスビジネスの経営者ばっかりが集まるもの、とばかり考えておりました。実はそんなに期待もしていなかったです。

結果的に、自分のビジネスだけでなく、社会を元気にする、日本を熱くする、という志のある、若い経営者が集まる場、になってきました。

うん、面白くなってきた。

来年もさらに凄い展開になりそう。非常に楽しみです。

来年は、メンバー皆さんのビジネスにももっとつながるような場にしていきたいので、僕はメンバーの会社に御用聞きで訪問していこうと考えてます。
僕がメンバーの皆さんを「応援」するための一つの手段である、と考えました。
次世代メンバーの会社(事務所)訪問記、もこれからブログ上でスタートします。
乞うご期待!


いつもありがとうございます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
[PR]
by ut-i | 2008-12-31 00:10
<< プロ意識をもって 「日本アホ大学」に参加しました >>